ホーム > 広がれ!! バイオディーゼル > 彦根市清掃センター

広がれ!! バイオディーゼル

彦根市清掃センター

ごみ減量と資源化の推進は、彦根市にとって大きな課題となっています。
平成13年(2001年)3月に策定した「彦根市環境基本計画および地域行動計画」においても、6大テーマのひとつとしてこの項目を位置づけていますが、ごみ発生量は長期的に増加の傾向を改善できず、リサイクル率も14%と、県や国の平均値(19%)を大きく下回っています。こうしたことから、今年度、ごみ対策関連施策を検証し、早急に実施すべき施策についての検討を開始しました。
ごみ収集車へのバイオディーゼルの導入もこのような流れの中で行ってきたもので、資源循環型社会を築いていく具体的事業として捉えています。回収拠点からの廃食油の回収とバイオディーゼル燃料使用を一体化し、さらにBDFを製造する地域事業者との連携により、地域循環の実践に繋げた本事業は、今後、さらなる市民参加を得ながら継続・拡大を図っていきたいと考えておられます。


バイオ燃料使用のゴミ回収車

廃てんぷら油回収タンク