2010年05月23日

台湾に行ってきました。

5月15日~18日までの3泊4日で、ENEOSフロンティア京滋
支社グループの販売店店主旅行で、台湾に行ってきました。
今まで海外旅行は、数回行っておりますが、個人旅行ばかりで、
おそらくはじめての海外ツアーです。ツアー参加は初めてでしたが、
その感想も含めて、旅の模様をお伝えします。

まずは、早朝京都駅から特急はるかで関西国際空港へ。
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E8%A1%8C%E3%81%8D%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F1.jpg

関空から約2時間、あっという間に台湾です。あいにくの雨模様ですが、
比較的スムーズに入管審査などを済ませて入国しました。

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A2.jpg
台北にある国際空港からまずは、最初の目的地「高雄」に向かうために、
台湾新幹線に乗りました。日本の新幹線が採用されたのは有名な話ですが、
まさしく「新幹線」です。全然違和感がありませんし、高雄までの風景も
ホント日本の地方とよく似ています。ホントに台湾にいるのかなぁ??

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E7%AB%9C%E8%99%8E%E5%A1%943.jpg
最初の観光地、蓮池潭にある「龍虎塔」という建物へ。龍の口から入場し、
虎の口から出ると良いらしいです。台湾のガイドブックにもよく載っている
風景ですね。
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E7%AB%9C%E8%99%8E%E5%A1%943%E9%9B%86%E5%90%88.jpg
集合写真です。基本的にお父さん・お母さんの年代のツアーで
私は若い分類に入ります。。

%E5%8F%B0%E6%B9%BEWATERFRONT4.jpg
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E9%AB%98%E9%9B%84%EF%BE%8E%EF%BE%83%EF%BE%995.jpg
1日目、高雄のホテルは、ウォーターフロントにあるアンバサダーホテル。
高級ホテルですね。。

そして、新日本石油の台湾現地法人「台湾日石股份有限公司」の
出迎えを受け、最初の夕食会に臨みました。
その3名の現地法人のお出迎えの中に1人知った顔があります???
「あれ、高田?なんでここにいるの?」
私が旧三菱石油在籍時代の同期入社の高田君が台湾に出向中とのこと。
まさか台湾で旧友に会えるとは思っていなく、思いがけない出会いに
感激しつつ、無理して台湾に来た甲斐がありました。

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E9%AB%98%E9%9B%843shot%E5%B0%8F.jpg
夕食会後に、行きつけの飲み屋さんに連れて行ってもらい、そこの
ホステス、ナナさんと一緒に有名な「夜市」に行きました。
日本のお祭りの縁日みたいな感じですが、台湾では毎晩オールナイトで
各地で開催されているようです。
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E9%AB%98%E9%9B%84%E5%A4%9C%E5%B8%82%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg
活気がありますね。少しワクワクしてきます♪♪
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E9%AB%98%E9%9B%84%E5%A4%9C%E5%B8%82%E5%B1%8B%E5%8F%B0.jpg
ホステスのナナちゃんお薦めのお店です。基本的に「ニワトリ」の部位なのだ
そうですが、食べるのはなかなか勇気が必要です!!
高田君、久しぶり(15年ぶり?)に再会でき、ホントに楽しかったです。
役職は部長とのころで、ホント同期ががんばっています。お互いどんどん
がんばっていきたいですね。
家族で赴任しているとのことです。奥さんも大変でしょうが、
貴重な経験ですので、台湾を楽しんでくださいね。
色々御馳走になりありがとうございました。また日本でぜひ飲みに行きましょう!


翌日は、少々二日酔いのまま、最初の観光地の人工湖「澄清湖」かつての
蒋介石の別荘地。九曲橋などの名所があります。中国では「九」という数字は
縁起が良いようです。
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E4%B9%9D%E6%9B%B2%E6%A9%8B%EF%BC%96.jpg
こちらの七重塔は、たぶん地球の歩き方「台湾」の表紙になっている塔ですね。
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%B1%A0%E3%81%AE%E5%A1%947.jpg

その後、食事をしてから高雄から、再度台湾新幹線に乗って、台湾最大の都市
「台北」に向かいました。
台湾でもっとも古い寺院「龍山寺」へ。
1737年に建立された、台湾で最も古く、そして有名なお寺のひとつです。
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E9%BE%8D%E5%B1%B1%E5%AF%BA8.jpg
びっくりしたのは、老若男女問わず、とても真剣に一心にお祈りしている風景
です。あまり日本では見かけなくなった風景です。
とても良い雰囲気ですね。台湾の聖地を感じることができました。


%E5%8F%B0%E6%B9%BE%EF%BE%8E%EF%BE%83%EF%BE%99%EF%BE%8B%E5%A4%96%E8%A6%B39.jpg
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%EF%BE%8E%EF%BE%83%EF%BE%99%EF%BE%8B%EF%BE%9F%EF%BD%B1%EF%BE%8911.jpg
そして、ホテルにチェックイン。台北ではとっても有名なリージェントホテル。
一流ホテルですね。ピアノの生演奏がありました。とてもスローな雰囲気で
心地よいですね。しかし、ツアーだから泊まれるホテルですね。
もし個人旅行なら、ホテルはもっと質素なビジネスホテルに泊まると思います。

今回の旅行はJTBがコーディネート。現地のガイド王さんも日本語が堪能な
台湾の女性。ガイドの冗談や見どころ話でバスの中はいつも盛り上がっています。
そして、この旅行の最大の見せどころは、毎回の食事。
本当に中華料理を中心としたフルコースの数々。
中でも、「北京ダック」はツアー参加者みんなが歓声を上げた一品。
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%AF10.jpg
なかなか食べられない食材を堪能してきました。
他にフカヒレ姿煮スープやアワビなど、「すごいっ」って感じです♪♪

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%91%E3%83%93%E3%83%AB12.jpg
あいにくの小雨交じりの曇り空で全体は観れませんでしたが、
台湾が世界に誇る超高層ビル「TAIPEI101」。
さすがに迫力満点です。

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%91%E3%83%93%E3%83%AB12wiki.jpg
ネットに載っていた晴れた日の「TAIPEI101」です。
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%91%E3%83%93%E3%83%AB%E5%A4%9C%E6%99%AF13.jpg
屋上の展望台では、建設風景のDVDを観ました。
建設には日本の熊谷組が施工したようです。さすが日本のゼネコンです。
すごい建築技術ですし、誇れる仕事だと思います。敬意を表したいと思います。

3日目は、午前中、九扮(きゅうふん)に行きました。
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E4%B9%9D%E6%89%AE%E9%9A%8E%E6%AE%B514.jpg
日本では、九份が2001年に公開された映画「千と千尋の神隠し」のモデルに
なった町として紹介されたため一般の観光客への知名度が一躍高まりました。
映画の最初に両親が、勝手に食事をして豚になるところの街並みですね。
映画を観て九份に興味を持ち訪れる者も多いようで、すっかり観光地化されて
います。

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%EF%BC%A7%EF%BC%B315.jpg
台湾では、石油関係はすべて国営だそうで、ガソリンスタンドも国営が
中心だそうです。ガソリンは税金が安いために比較的安いですね。
週決めで値段が決まるようです。
ガソリンも日本は、レギュラー&ハイオクですが、台湾は3種類あるようです。

%E5%8F%B0%E6%B9%BEBIKE16.jpg
台北でびっくりする1つに、あまりにもバイクが多いことです。
車の台数よりも多いのではないかと思うぐらいバイクばかりです。
それも日本で言う「原付」というやつで、「YAMAHA」の看板も
たくさん見かけますね!!

3日目午後は、自由行動だったので地下鉄MRTに乗って、30分先
にある「新北投温泉」に行きました。
地下鉄などに乗ると、その街の雰囲気を直に体感できるので、
好きですね。スペインの地下鉄ではスリにあったのですが、台湾は
日本の地下鉄などと雰囲気が似ているので安心でした。
台湾MRT地下鉄の切符はIC入りコインです。入場はコインをかざし、
退場は、コインを投入します。何度でも利用できリサイクルできますね。
日本の切符より進んでいると思いました。
hoku%20.jpg
2か所の温泉に入り、また夕方皆さんと合流しました。
ツアーだと、すべてを旅行会社がやってくれますので、自分のことだけを
考えていれば良いのですが、個人行動(個人旅行)だと色々考えないと
いけないので、気を使いますが、その分充実しますよね。


夜は、飲み屋さんを2件ハシゴしてからマッサージ。マッサージは日本の半額
以下で非常にたくさんあります。全身マッサージと足裏マッサージを頼むと
おばさんが全身をマッサージしてくれて、おじさんが足裏を同時にやってくれます。
これは初体験ですね。効率良いのですが、ちょっとせわしなかったです。

最終日は、忠烈祠(ツォンレイスー)に行きました。個人的に一番印象に残って
いるところです。国民改革、抗日戦争、中華人民共和国との戦いなど、過去に
台湾が体験した厳しい戦いの中で戦死した軍人の英霊が眠っています。
本当に神聖な場所で、日本での「靖国神社」のような場所です。

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%85%B0%E9%9C%8A%E4%BC%9A%E9%A4%A8%E5%A4%96%E8%A6%B317.jpg

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%85%B0%E9%9C%8A%E4%BC%9A%E9%A4%A81%EF%BD%BC%EF%BD%AE%EF%BD%AF%EF%BE%8422.jpg

ここを訪れたらぜひご覧戴きたいのが、「儀仗兵(ぎじょうへい)」の交代
でしょうね。ネットによると「儀仗兵」は、正面脇に2人、本殿脇に2人の
計4人が直立し警備していますが、彼らは1時間おきに交代します。
それは厳粛な雰囲気に包まれた中で粛々と執り行われます。


%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%85%B0%E9%9C%8A%E4%BC%9A%E9%A4%A8%E6%86%B2%E5%85%B5%E8%A1%8C%E9%80%B219.jpg

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%85%B0%E9%9C%8A%E4%BC%9A%E9%A4%A8%E6%86%B2%E5%85%B5%E6%95%B4%E5%88%9721.jpg
交代兵4人と引率兵1人の計5人の儀仗兵による行進によって、石畳の広場
には「カチャッ、カチャッ」と軍靴の音が響きます。その一糸乱れぬ動きには
思わず息をのんでしまいます。荘厳な雰囲気ですよ。
また警護将兵の交代の際には、クルッ、クルッと見事な銃さばきが披露されます。
%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%85%B0%E9%9C%8A%E4%BC%9A%E9%A4%A8%E6%86%B2%E5%85%B518.jpg
交代の儀式が終わり新しく警護の任務に就いた将兵は、これから次の交代までの
1時間の間、上の写真にあるように一切の身動きを止め直立します。・・・
驚くことに、瞬きさえもほとんどしないそうですよ。
やはり彼らは、社会ではヒーロー扱いをされるようで、就職に有利に働いたり、
モテたりするそうです。なんとなく理解できますね。

自分も含めて日本の若者が忘れているというか日本にない雰囲気にとても
共感、そして感動しました。

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%85%B0%E9%9C%8A%E4%BC%9A%E9%A4%A8%E6%A3%AE%E6%9C%AC21.jpg
同行した森本さん、滋賀県守山市の旭オイルの常務さんです。いつも一緒に
飲みに行ってますが、今回はもう1人安井さんが来られていないので、次回は
3人で行きましょうね!!


%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%95%85%E5%AE%AE%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E5%A4%96%E8%A6%B321.jpg
そして、最後は「国立故宮博物館」。
ここは、ルーブル、メトロポリタン、エルミタージュと並ぶ世界の四大博物館と
いわれています。
壮大な博物館で70万点にも及ぶ収蔵品があるようです。

4日間に渡る旅行も、午後には空港に向かい戻ってきました。
さすがに4日間会社をあけると、パソコンにはたくさんのメールが入っており、
翌日からはいつものバタバタした生活に戻り、あっという間に1週間が過ぎよう
としています。
 今回お世話になったエネオスフロンティアの関係者の皆さま、旅行に参加され
た同業者の皆さま本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

投稿者 hiroshi_aoyama : 08:49 | コメント (1225)

2010年05月05日

熊野三山 熊野三社 参拝の旅

GWに実兄と息子の3人で、熊野三社参りに行ってきました。
熊野三社とは、熊野速玉大社・熊野那智大社・熊野本宮大社の三社で
あり、日本人として、ぜひともお参りしたい神社であり、以前より
計画していた旅行がようやく実現しました。

まず、兄と甲賀貴生川駅で合流し、三重県より和歌山県に向かいました。
まず最初に訪れたのは、伊勢内宮別宮である「瀧原宮」。
ひっそりとした場所にあり、GW初日でもひっそりでした。

しかし、境内に入ると、さすが神聖なる場所です。スピリチュアルな場所
にふさわしい厳かな雰囲気があります。
%E7%80%A7%E5%8E%9F%E5%AE%AE%E6%B8%85%E6%B5%81.jpg
境内には清流が流れており、御手洗場があります。
両手・口を清め下界の穢れを落としました。

%E7%80%A7%E5%8E%9F%E5%AE%AE.jpg
鳥居前で一礼して、拝殿前でお賽銭を入れ、二礼二拍一礼をし、そして鳥居を
出てから一礼するという神社参拝の仕方に則りお参りしました。


その後、花磐(はなのいわや)神社に行きました。花の窟は、神々の母
である伊弉冊尊(イザナミノミコト)が火神・軻遇突智尊(カグツチ
ノミコト)を産み、灼かれて亡くなった後に葬られた御陵です。

そして、三社最初の大社「熊野速玉大社」に行きました。
%E7%86%8A%E9%87%8E%E9%80%9F%E7%8E%89%EF%BC%91.jpg
御祭神は、熊野速玉大神(いざなぎのみこと)・熊野夫須美大神(いざなみ
のみこと)を主神です。お昼は名物のめはり寿司とサンマ寿司を戴きました。

その後、1日目のハイライト、那智に向かいました。
那智は那智の瀧で有名ですが、まずは「熊野那智大社」に向かいました。
駐車場に車を止めて、那智大社に向かう参道を登りました。
そして拝殿でお参りをしたあと、ちょうど「本殿特別参拝」という
案内があり、これはぜひとも!!とお参りさせて頂きました。


%E7%86%8A%E9%87%8E%E9%82%A3%E6%99%BA%E5%A4%A7%E7%A4%BE.jpg
なかなか入れるところではないので、緊張しつつ本殿(八社殿)の前に
ご案内して戴きました。ありがたいことです。。

%E9%82%A3%E6%99%BA%E3%81%AE%E6%BB%9D.jpg

%E9%82%A3%E6%99%BA%E3%81%AE%E6%BB%9D%EF%BC%92.jpg

那智大社のお隣りにある青岸渡寺にお参りしました。このお寺は御詠歌で親しまれ
ている西国第一番の礼所であります。小学生のころ、お祖父さんが亡くなって
御詠歌を詠って以来です。いつか西国三十三箇所めぐりをすることになるのかなぁ。

そして、有名な那智の瀧です。生命の源である水が豊富にあふれ落ちる
「那智大瀧」。やはり迫力があり、神聖な雰囲気があり、見とれてしまいます。

1日目の工程はこれで終わり、ホテルに向かいます。
ホテル浦島という結構有名なホテルに宿泊しました。温泉が6つもあり、2つは
洞窟露天風呂です。温泉巡りを楽しんで1日目は早々に寝ました。

2日目は、早起きして、また洞窟温泉へ。そしてホテル前で釣りをしてから
朝食です。おなかいっぱい食べて、2日目の前半ハイライト、
「熊野本宮大社」へ向かいました。

熊野本宮大社では、「祈祷」を申し込みました。とても丁寧で厳かな祈祷を
して頂き、感動しました。やはり神社にお参りに来たら、機会があれば
祈祷していただきたいですね。。

%E7%86%8A%E9%87%8E%EF%BC%AA%EF%BC%A3%EF%BC%A9.jpg
境内に続く参道に、JCIの看板があります。白浜・田辺青年会議所が平和を訴える
メッセージボードを掲載していました。同じ志を持つ一人としてとても誇りに
思えました。


少し時間があったので、渡瀬温泉の西日本最大級の露天風呂にいきました。
温泉三昧です!!
%E6%B8%A1%E7%80%AC%E6%B8%A9%E6%B3%89.jpg

そして、2日目、旅行を通じて3つめのハイライト、「玉置神社」へ向かいました。
こちらは、熊野三山の奥の院ということで、熊野本宮大社から約1時間ほど走り
ました。山道を約12kmほど登り、ようやく駐車場に到着しました。
駐車場からの眺めです。
%E7%8E%89%E7%BD%AE%E5%B1%B1%E9%A0%82.jpg
長い山道を忘れさせてくれる景色です。神々の山ということを感じさせてくれます。

%E7%8E%89%E7%BD%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE%EF%BC%91.jpg
駐車場から参道をゆっくり歩きます。徐々に神聖な場所へと入る感じです。
参道の最後には玉置神社へと続く下り坂があります。

%E7%8E%89%E7%BD%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E6%9C%AC%E6%AE%BF.jpg
本殿は、このような山奥の中にどうやって建立されたのか不思議なほど立派な
神社です。まさしく聖域ですね!!

%E7%8E%89%E7%BD%AE3000%E6%9D%89.jpg
そして、本殿奥には、玉置神社を代表する神代杉。
樹齢3000年と言われる神聖な御神木。幹の途中からは、成長した他の木が
何本も生えている。本当は、杉のためにも他の木を切り取った方が、良いのか
とも思えますが、三千年を生きるとは、自然のまま、あるべき姿のまま、
まさしく神代杉とはそういうものだと感じた。

今回は、兄と超久しぶりの旅行です。兄は熊野に数回来たことがあったので、
案内役を買ってでてくれました。色々知識があるので、熊野詣でがとても
充実したものになりました。
また次の機会をつくっていきましょう!!

投稿者 hiroshi_aoyama : 09:28 | コメント (632)