2009年07月26日

GREEN Tokyo GUNDAM PROJECT2009

ガンダムがお台場に登場したというニュースを聞いた時、本当に
心が弾みました。ガンダム誕生30周年記念で、
「GREEN TOKYO GUNDAM PROJECT
 TOKYO SHIOKAZE PARK2009」と題した
イベントです。ちょうど、横浜で日本青年会議所のサマーコンファレンス
があるので、その機会に、横浜を飛び越して、お台場までいって
きました。。

お台場には、フジテレビのお台場合衆国というイベントが開催されて
おり、とても多くの人が来られています。
GANDAM%20%20odaiba.jpg

フジテレビの天球展望台には、レオナルド・ダ・ヴィンチ作と
言われる「ラロックの聖母」を見てきました。
ダヴィンチ作品は、「白豹を抱く貴婦人」「受胎告知」に続いて
の作品です。もし本当にダヴィンチの作であれば、600億円以上の
価値があるようです。いずれにしろ、すごくパワーのある作品でした。

その後、今回の目的である等身大ガンダムRX-78を見に来ました。

GANDAM%20%20back.jpg

GANDAM%20%20backbille.jpg

GANDAM%20%20hiroshi.jpg

GANDAM%20%20foot.jpg

GANDAM%20%20sun.jpg

GANDAM%20%20kaijou.jpg

GANDAM%20%20mayoko.jpg

GANDAM%20%20backtree.jpg

GANDAM%20%20backstreem.jpg

この迫力をご覧ください。コメントのしようがありません。
素晴らしいの一言です。。すごい。。感動しました。。
ホント、来てよかったです。。

アメリカでは、北朝鮮のミサイルに対抗して、日本はひそかにモビル
スーツ ガンダムを制作していた!!と大々的に報道していたようです。

いずれにしろ、遊び心満載のとっても素晴らしいイベントでした。
夏の素晴らしい思い出になりました。。


投稿者 hiroshi_aoyama : 15:18 | コメント (284)

2009年07月21日

博多のケンジーズドーナツはすごいっ!!

前回に引き続き、韓国MBCの取材の一環で、博多でドーナツ屋さんを
経営している「ケンジーズドーナツ」のオーナー上杉さんに会いに
行きました。18日の暑い暑い土曜日でした。始発で家から4時間半。
向かったのは、ケンジーズドーナツ http://www.canezees-doughnut.com/
博多では評判の、行列のできるドーナツ店のようです。

このお店のこだわりは、
 ◎ 毎日すべて手作り
 ◎ 揚げ油はコメ油を使用
 ◎ 地元の小麦粉を使用
 ◎ 生地に黒糖を使用
 ◎ 卵は使用しません。
 ◎ トランス型脂肪酸を多く含むマーガリンやショート
   ニングは使用しません。
 ◎  使用済み揚げ油をドーナツECOカーの燃料として有効活用します。

詳細はWEBを。。
っと、ここで最後のこだわりのところで、私とつながってきます。。


なんと、こちらのドーナツ屋さん、使用済みの廃食油をそのまま
1BOXカーの燃料として使用されているのです。
廃食油をそのまま使うのは通常SVO「ストレートベジタブルオイル」
と呼ばれています。まさしく自己完結型「ゼロエミッション」の
ドーナツ屋さんです。。
上杉さんは、とても気さくで聡明なオーナーさんでした。
実は、こちらには、バイオディーゼルアドベンチャーの山田周生氏も
立ち寄っておられます。意外なところで接点がありますね。。
山田さんのこともあり、すぐに意気投合です。

canezees%20shop1.jpg

かわいい店舗です。中ではスタッフの女の子が、とても楽しそうに
ドーナツをつくっています。。おいしさの秘訣はここにあるようです。。

canezees%20reoil.jpg

揚げ油は2日に1度は交換するようです。まだまだ使える新品のような廃食油
です。これをペーパーフィルターに通して、ポリ容器にいれていきます。

canezees%20reoil-car.jpg

そして、そのまま燃料タンクへ。。大きな改造はしていないとのことです。
SVOは、寒冷地では熱交換器を設置されている事例もありますが、
九州という比較的高い気候もトラブルなく動く要因のようです。
ちなみにこのカメラは、韓国MBCのカメラです。。

canezees%20car.jpg

これが、使用済み揚げ油で走るエコカーです。
こちらのお店では1か月300Lの廃食油がでるようですが、それを
すべて燃料化して、軽油を使用しなくなることで1カ月で780kg-CO2が
削減できます。1日一人6kgの排出がありますので、実に130人分/月の
CO2が削減できた計算になります。すごいことですね!!。

上杉さま
 滋賀と博多では、ずいぶん距離がありますが、今後も情報交換どうぞ
よろしくお願い申し上げます。ドーナツ おいしかったです!!


投稿者 hiroshi_aoyama : 11:43 | コメント (371)

2009年07月19日

韓国MBCテレビ おっかけ取材!

15日から18日までの4日間韓国の大手テレビ局 MBCの
バイオディーゼル関係のドキュメント番組の取材を受けました。

日本国内のバイオディーゼルの取り組みを韓国に紹介する
内容でした。日本に20年近く住んでいるヤンさんの仲介で、
韓国語を話せなくても撮影は進んでいきます。。

今回の撮影では、色々な方にご協力を頂き撮影をさせて頂きました。

まずは、クレフィール湖東さん http://www.senko.co.jp/crefeel/

ホテル内の食堂の廃食油や従業員さんの家庭廃食油を集めて
バイオディーゼルを送迎用のバスに給油してもらっています。
crefeel%20BOX.jpg

%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB6.JPG


その後、
多賀町役場のあけぼのパーク 町立図書館の移動図書館車の
撮影をしました。多賀町では、町内の家庭・小学校の廃食油を
集めて、町の公用車など数台の車両がバイオディーゼルで
走っています。

taga%20liblarycar.jpg


その後、
彦根駅と滋賀大学を結ぶシャトルバスの撮影をしました。
これは、滋賀大学の学生食堂(生協)の廃食油を活用して、
近江鉄道シャトルバスの燃料として利用しています。

%E6%BB%8B%E8%B3%80%E5%A4%A7%EF%BC%A2%EF%BC%A4%EF%BC%A6%E3%83%90%E3%82%B9%E3%80%80%E5%89%8D%E6%99%AF.JPG

次に米原の中央公民館での廃食油回収風景を取材しました。
中央公民館を管理されているのは、たまるんの中田さん達です。
この公民館は、いつ寄せてもらっても、たくさんの子供や住民の
方で活気があります。公民館のお手本みたいなところです。
色々参考になる取り組みをたくさんされていますね。。

maibara%20hall1.jpg
maibara%20hall2.jpg

最後の取材先は、彦根市清掃センターです。
こちらは、彦根市内の10か所の回収場所、小学校の学校給食の
廃食油を当社でバイオディーゼル化して、ゴミ収集車・作業車の
燃料として供給しています。市民回収はコンスタントに月600L
前後が集まり、すっかり定着してきました。

最後は、うちの実家の台所でとんかつを揚げている場面を撮影して
大方の撮影が終了しました。。


17日は、撮影部隊は、福岡・博多のドーナツ屋さんに向かいました。
私も18日に日帰りで向かいます。この内容は次回に。。

投稿者 hiroshi_aoyama : 12:00 | コメント (542)

2009年07月11日

社団法人彦根青年会議所 次年度 監事!

7月6日に社団法人彦根青年会議所の7月度例会がありました。
この例会では、次年度の理事長・監事予定者の発表があります。
まず、例会には、滋賀ブロック会員大会のPRに、滋賀ブロック
大会運営委員会のメンバーと開催地である長浜青年会議所の
メンバーが総勢70名で参加してくれました。

私も滋賀ブロック会員大会運営委員会に彦根JCより出向して
いるのでうちの例会に県下から70名近い動員でPRにお越し
頂いたことに、本当に感謝申し上げます。
八田委員長・上田実行委員長をはじめ参加して頂きました皆様
ありがとうございました。

7%E6%9C%88%E4%BE%8B%E4%BC%9A%E3%80%80PR.jpg

そして、2010年理事長・監事予定者の発表です。
私は、監事に選ばれました!!
青年会議所も残り2年半。ホントにがんばらねばと思います。

7%E6%9C%88%E4%BE%8B%E4%BC%9A%E3%80%801sh.jpg

最初の一言挨拶では、監事として「バランス感覚」を重視して
いきたいと話しました。
青年会議所の行事があると、通常、最後は監事より「総評」「所感」
などで一言話す機会があります。
1年間を通じて、「バランス感覚」をメンバーの皆さまに
お伝えしていきたいと思います。

7%E6%9C%88%E4%BE%8B%E4%BC%9A%E3%80%803sh.jpg

次年度理事長予定者の藤田君(真ん中)、監事予定者の野村さん(左側)
との3ショットです。
仲良く、やっていきたいと思います。

投稿者 hiroshi_aoyama : 10:32 | コメント (192)

2009年07月01日

第22回カロム日本選手権大会

28日日曜日にカロム日本選手権大会が開催されました。
もう22回目です。
私は、青年会議所に所属してからずっと関わっているので
もう12年近くになりますが、なかなか歴史のある大会です。
****************
カロムとは、ウィキペディアでは、
カロム(かろむ)は、4人(2人)で行うボードゲームである。
キャロム、カルムなどとも呼ばれている。

ビリヤードに類似した盤上ゲームで、2人ずつペアになり四角い
盤の上に並んだ偏平な円筒形の玉(パック)を特定のエリアから
パックと同形の自身の玉(ストライカー)を手の指で弾き、
自身のストライカーに記されているのと同色のパックに当て、
四隅のコーナーにある穴(ポケット)にパックを全部入れ、
最後にジャックを入れるのを競うゲームである。
滋賀県彦根市では、ほぼ一家に一台所有しており知らない者は
いないほど普及している。
*******************

日本選手権大会は、文字通りカロム日本一を決定する大会である。
12年もやっていると毎年来る常連さんから、カロムを始めた
ばかりの新人さんまでたくさんの来場者がきて、今年は570名
の参加がありました。最年長は89歳、最年少は5歳と幅広い
層が参加しています。

carom%20ALL.jpg

carom%20BANZAIBOY.jpg
ダブルスリーグと、シングルスリーグで各クラス分けを
します。総当たりの8試合予選をして、上位が決勝リーグに
向かいます。
私は、参加登録者の管理システムを創った関係で、毎年
総合受付(トラブルコーナー)が担当です。

carom%20WINNER.jpg

最後に入賞者全員で記念撮影です。
ひこねお城大使のお二人も写っていますね。

実行委員会メンバー、青年会議所メンバーの皆さま
本当ご苦労様でした。

投稿者 hiroshi_aoyama : 09:10 | コメント (301)