2007年04月30日

GW前にいろいろ

GWに突入しましたね!!みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
私の会社の皆さんを交代で休んでいただくのでがんばってガソリンスタンド店頭
で働いております。最近忙しくなかなか店頭に立てなかったのですが、
久々お客様と会話をしながらのガソリンスタンド業務は楽しいものです。。

先週の金曜日は、大阪の大阪科学技術センターで、バイオエネ関西研究会の
第1回研究会に参加してきました。
株式会社ユニバーサルエネルギー研究所の金田社長の海外でのバイオエネルギー
の動向をお聞かせ戴きました。非常に興味深い内容でした。
中でも「プラグインハイブリッド車」の開発研究の話は本当にガソリンがいらない
車であり、この10年で劇的に自動車産業における石油業界の在り方が
変わると感じました。。
その後短時間ではありますが、事例紹介をさせて戴きました。。

土曜日は、朝から京都 NPO法人環境市民 のスタッフの方が取材に来られました。
環境市民は、10年ほど前より知っていました。環境系の市民団体では草分け的な
存在ですね。お越しになられた方は、各自のお仕事をされながら、環境市民の
広報のボランティアをされているそうです。
環境市民さんは、そのようなボランティアの方々に支えられているのですね。すばらしい
ことだと感じました。。

その後、北海道 十勝帯広の 菊池さんとお会いしました。
菊池さんは、昨年の帯広でのシンポジウムを主催して頂いた方で、それからのお付き合い
です。なにやら新しいプロジェクトをお考えのようで、眼を輝かせながらお話されて
いました。私も仲間に入って!!とのことでしたので、微力ながら協力させて戴こうと
思います。

投稿者 hiroshi_aoyama : 12:07 | コメント (195)

2007年04月23日

近江環人地域再生学座

21日土曜日に、滋賀県立大学の近江環人地域再生学座の授業として、当社へ見学会に
お越しになられました。約15名ほどの一般社会人などの学生を対象にした講座の一環
で来られました。知っている人もおられ、また滋賀県立大学の担当教授は、バイオディーゼル
では有名なオーソリティである工学部の山根教授です。
山根先生の前で、バイオディーゼルのことを語るのは非常に緊張しました(笑)。
しかし受講生の皆さんは非常に熱心であり、情報交換もでき有意義な時間をすごせました。
5月に第2部があるそうです。

投稿者 hiroshi_aoyama : 09:55 | コメント (102)

2007年04月18日

ダヴィンチ 「受胎告知」

16日・17日の2日間東京に行っていました。盛りだくさんの充実した2日間でしたが、
17日の午前中時間が空いていたので、上野にある東京国立博物館で開催されている
レオナルド・ダヴィンチの「受胎告知」を観にいってきました。
予想以上のスケールの大きな作品でただただ感動しておりました!!

**********
≪受胎告知≫は中世~ゴシック期より最も多く描かれてきた宗教主題のひとつで、
神の子イエスを宿す聖なる器として父なる神より選定され、聖胎したことを告げる
大天使ガブリエルと、それを静粛に受ける聖母マリアの厳粛な場面である。
祝福のポーズと共にマリアへキリストの受胎を告げる、神の使者大天使ガブリエル。
聖母マリアの気品に満ちた穏やかな表情や、非常に写実的に描写される野草や
床面、空気遠近法を用いた高度な場面・遠景表現など、画面からは20歳頃の
レオナルドの豊かな才能が随所に垣間見れる。
**********

ダヴィンチの作品は、数年前に京都国際博物館で展示されていた「白豹を抱く貴婦人」
以来である。このような作品を観る機会はそうはありませんので、是非皆さん
6月17日までに観にいってくださいね。
写真は、中は撮影できませんでしたので、入り口のみですみません。

国立博物館2.JPG

投稿者 hiroshi_aoyama : 17:41 | コメント (210)

2007年04月15日

菜の花満開

先週あたりから菜の花が満開ですね。
私の住んでいる滋賀県の湖東地域も、いたるところで菜の花が咲いています。
菜の花と桜が咲いている場所もあり、癒される空間ですね。

菜の花はご存知の通り「アブラナ(油菜)」というように、菜種油が取れます。
それを食品に使用し、使い終わった油である廃食油をリサイクルして
できた燃料がバイオディーゼルになります。

菜の花5.jpg

投稿者 hiroshi_aoyama : 10:38 | コメント (112)

2007年04月13日

地球の芽

今日、地球の芽の高田さんと廣部さんが当社にお越しになられました。
http://www.chikyunome.co.jp/index.html

地球の芽は滋賀・近江八幡の小舟木に「小舟木エコ村」を計画されて
いる会社です。
高田さんはもう4年ちかいお付き合いですが、廣部さんは今年の4月に
入社されたばかりのニューフェース。

一緒にプロジェクトを進めている山田さんとも合流し、4人で世界のエコ村
や今後の小舟木ビジョンをお話させて頂きました。

廣部さんには、まんま計画の話もさせて頂きましたがどうなることやら。。。

是非末永いお付き合いをしていきたい会社です。


投稿者 hiroshi_aoyama : 21:08 | コメント (110)

2007年04月12日

色々回っています。

新しいプロジェクトをスタートしようとしています。
その関係で色々なところを精力的にまわっています。
高校、企業、メーカーなどなどを訪問し、楽しい日々を過ごしています。

たくさんの出会いや発見があり、人のつながりがあるというのは
非常に楽しいものです。

バイオディーゼルの本当の魅力というのは、このような出会いや
ネットワーク力ではないかとさえ思ってしまいます。。

完成されたものではないので、色々な方々の想いやアイデアを
盛り込むことができ、どのようにでも関われることができます。

たくさんの出会いを大切にしながら、誠心誠意取り組んでいきたいと
思います。


投稿者 hiroshi_aoyama : 20:20 | コメント (101)

2007年04月10日

自然エネルギー市民の会

4月7日(土)に大阪 大阪府社会福祉会館にて、自然エネルギー市民の会の
シンポジウムが開催され、パネリストとして参加させて頂きました。

地球温暖化の現状と影響
―IPCC第1作業部会報告、スターンレビューを踏まえて― PARE事務局長 早川光俊
報告2:温暖化防止へのエネルギーシナリオと自然エネルギー
―CO2大幅削減は可能か―            PARE代表  和田 武

と題して講演・報告がありました。和田先生は立命館大学教授で、早くから温暖化
対策を訴えておられる第一人者であり、講演を楽しみにしておりました。

特に印象に残ったのは、地球温暖化は、国家(地球)の安全を脅かす危機そのもの
なので、国家の安全保障の予算を十分に活用するのはあたり前である!という
考え方です。非常も面白く、実現性のある考え方で非常に共感できました。

その後 パネルディスカッション:自然エネルギー活用実践から学ぶ と題し
【パネラー】
廃天ぷら油からディ―ゼル燃料を作る  油藤商事㈱専務取締役 青山裕史
市民共同太陽光発電所を地域に広げる   NPO法人おかやまエネルギーの
                           未来を考える会々長 廣本悦子さん
間伐材を活用したコジェネシステムの実験 NPO法人里山倶楽部
                           副代表理事 大塚憲昭さん
の3名が事例紹介をしその後パネルディスカッションを行いました。

会場はほぼ満席になるほどで、熱心にお聞きになっていたのが印象的でした。

市民の手で自然エネルギーを!というミッションをまちづくりをしながら取り組んで
おられる皆さんのエネルギーを戴きながら、今後もがんばっていきたいと思います。

自然エネルギー市民5.JPG

投稿者 hiroshi_aoyama : 12:58 | コメント (89)

2007年04月01日

日経ベンチャー4月号

日経BP社の日経ベンチャーという月刊誌がありますが、この4月号特集
「ファミリー企業の時代」の中で事例紹介をして頂いています。

同族経営といえば、最近不祥事を招く体質が大きな社会問題になっており
同族経営に対する一般のイメージは決して良くないですが、中小の事業者
にはまだまだこの手の経営が多いのも事実であり、収益性や永続性などの
点で優れているところを大きな特集として取り上げられています。
その中で永続の条件は「地域貢献」にあり というINDEXの中での紹介です。


うちの他に、香川の子育てタクシーや新潟の餅つきイベントなどの紹介があり
楽しく読ませて頂きました。
記者の方も非常に感性が豊かでこれからも情報交換をしていきたいと思います。
また皆さんもご興味があれば是非ご覧下さい。
一般書店で販売しているのかな?日経BP社のWEBをご参考下さい。

投稿者 hiroshi_aoyama : 17:29 | コメント (111)