2006年10月30日

クマリン反応とは・・・その1

皆さん クマリンって知っていますか?
不正軽油を判別するために用いるものですが、詳細は以下に。
バイオディーゼル混合軽油とこのクマリン反応について
色々調べたいと思います。

今回はクマリン反応とは・・・その1

クマリン(Coumarin)は化学式C9H6O2で表される化学物質。
現在では香料および軽油識別剤として用いられている。
クマリンは桜餅の香り成分として知られ,芳香族化合物の一種。

日本においては、クマリンは、軽油引取税の脱税防止の観点から、軽油識別剤として、
平成3年3月から灯油及びA重油(軽油周辺油種と呼ばれる)に、1ppm(mg/L)の濃度で
添加されている。添加は石油元売業者の製油所から出荷される際に行われる。

通常、自動車用ディーゼル機関は燃料として軽油を用い、自動車用ガソリンにガソリン税
が課税されるように自動車の燃料としての軽油にも軽油引取税が課税される。
ところが自動車用ディーゼル機関は燃料に灯油やA重油をある程度混合しても動作し、
自動車用軽油の使用が減る分軽油引取税を払わずにすむ(脱税)。

軽油にはクマリンが入っていないので、ディーゼル燃料を蛍光分析装置などで分析し
蛍光反応が出た場合、灯油やA重油が燃料に入っていることが判明する。
これはすなわち不正軽油使用による脱税行為その他で税当局から厳しく
取り締まられることとなる。

しかしながら、クマリンが酸やアルカリによって分解されることが判明して以来、
クマリンを硫酸や水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)により除去する方法を用いて
違法に密造された不正軽油が日本国中に出回るようになった
(この処理は俗に「クマ抜き」と呼ばれる)。

脱税に加え、不正軽油使用による大気汚染が問題となり、さらに、クマリン
除去に硫酸を使用すると廃物として硫酸ピッチが発生することから硫酸ピッチの
不法投棄の原因として問題となっている。そのためクマリンに替わる、
酸やアルカリなどの薬品に反応しないなどの安定した特性をもつ軽油識別剤の
開発が進められている。

投稿者 hiroshi_aoyama : 20:50 | コメント (1750)

2006年10月28日

色々出ています!!

週間WEBマガジン の「NEXTONE」 に記事紹介をしてもらっています。
http://www.nextone.jp/
良かったらご覧下さい。
お越し頂いたライターの方と日程の調整がうまくいかず、今回は社長が
対応しています。


昨日 NHK教育放送 ビジネス未来人の「時代のキーワード 無理なく続ける」の
番組に再登場しています。
http://www.nhk.or.jp/miraijin/index.html
詳細はWEBまで。
11月6日の朝には再放送ですが、NHK総合でも放送されます。

投稿者 hiroshi_aoyama : 12:45 | コメント (104)

2006年10月27日

長浜ビジネスメッセ

25日から本日27日までの3日間 滋賀県長浜ドームでの長浜環境ビジネスメッセ。
目標50,000人ということだかどうだったでしょうか?
昨日の27日にグリーン購入ネットワークのセミナーに参加してきました。
山本良一東京大学教授の基調講演、各報告事項のあと、トークセッションとして
12名のリレートークの1人として参加しました。
2言程度しか話すことができませんでしたが、それなりに面白い内容でのトークが展開されました。

ビジネスメッセ会場でも、グリーン購入ネットワークのブースに間借りしての出展でした。
ほとんど参加することができず、スタッフの皆さんありがとうございました。

会場のドーム前では、自転車タクシーのベロタクシーの試乗会がありました。
このベロタクシーの企画運営NPOは、NPO法人 五環生活といって、
私も理事を務めさせて頂いております。

また会場と駅を往復している近江鉄道さんのシャトルバス8台には、当社の
バイオディーゼルが給油されています。皆さん臭いを感じていただいたでしょうか?

色々お知り合いの方々もたくさんおられ、楽しいビジネスメッセでありました。

投稿者 hiroshi_aoyama : 18:42 | コメント (156)

2006年10月19日

札幌での講演会が終わりました。

17・18日と札幌での講演会に行ってきました。札幌地方石油業共同組合主催の石油高度化事業の一環での講演会に参加しました。「SSの環境の取り組みと将来像・ガソリンスタンドはまちのエコロジーステーション」と題して1時間半の時間を戴き、事例紹介をさせて頂きました。
会場には50名近くのSS関係者がお集まり戴き熱心に聴いていただいた。非常にすばらしい経験をさせていただきました。
 北海道は、まさしくバイオマスの宝庫であり、バイオマスが注目を浴びれば北海道は一躍リーディングエリアになります。SS関係者の皆様のご尽力を心よりご期待申し上げます。

 今回設営にご尽力頂きました札幌地方石油業協同組合専務理事の上島様と委員長の大越様、トライビー札幌の長澤様、金山様はじめスタッフの皆様大変お世話になりありがとうございました。

投稿者 hiroshi_aoyama : 08:40 | コメント (277)

2006年10月12日

来週 札幌で事例紹介してきます。

平成18年度石油販売業者経営高度化調査・実現化事業
「SS店経営高度化セミナー」という札幌石油業共同組合主催のセミナーで
お話をさせて頂いてきます。

開催日時 :平成18年10月18日(水) 開演13時30分
開催会場 :札幌市産業振興センター
      札幌市白石区東札幌5条1丁目 TEL 011-820-3033

講演:「SSの可能性と未来像 ガソリンスタンドはまちのエコロジーステーション」
 講師:油藤商事㈱豊郷SS 専務取締役 青山 裕史

皆さん、SSの経営者で先輩ばかりですので、緊張しますがしっかり事例紹介を行っていきたいと
思います。札幌界隈の石油関係者の方でご興味のある方はご参加ください。

問合せ先  
 札幌地方石油業協同組合 専務理事 上島様
  札幌市豊平区平岸1条6丁目3番47号 北海道石油会館内
TEL:(011)822-8114 FAX:(011)814-0302


投稿者 hiroshi_aoyama : 20:21 | コメント (337)

2006年10月06日

4×4マガジンに載っています。

4×4MAGAZINE というオフロードマガジンの11月号に、フォトジャーナリスト山田周生氏の
「バイオディーゼルチャレンジ」という特集記事に当社が掲載・紹介されています。
良かったらご覧下さい。

バイオディーゼル100%のランドクルーザー100で、北海道から九州までの全国横断の記録である。
先月号10月号に前半、今回の11月号が後半です。

当社に早くから相談に来られ、色々な全国のバイオディーゼル精製事業者の皆さんをご紹介
させていただき、色々情報交換を行いました。

次は世界一周を計画されているそうです。
むちゃくちゃ面白いプロジェクトですよね。

是非実現してほしいですし、どんどん協力していきたいと思います。
ホームページは http://biodieselchallenge.com/ です。

投稿者 hiroshi_aoyama : 22:55 | コメント (602)

2006年10月03日

ローカルジャンクション21の今週の私

ローカルジャンクション21とは、土に根ざした暮らしの豊かさを求めて、農的暮らしを実践している人や地域、企業、団体をサポートされています。 http://www28.cds.ne.jp/~localj/

そのホームページで人気のある「今週の私」に10月2日~8日までの1週間、ブログを掲載させて頂きます。良かったらご覧くださいね。

ご紹介いただいた朝田くに子さんは聡明でお美しい方でした。北風写真館の青山さんと一緒に当社にお越しになられました。
がんばって1週間を乗り切ろうと思います。

投稿者 hiroshi_aoyama : 08:42 | コメント (206)