2005年11月26日

インドネシア向けバイオディーゼルプレゼン

22日に東京の地で、JICA-NET主催のインドネシア関係者に向けたバイオディーゼル燃料セミナーが開催され、滋賀県環境生活共同組合 藤井理事長と 油藤商事株式会社 青山裕史が事例紹介をさせて頂きました。遠隔セミナーということで、テレビカメラに向かってプロジェクター画面の向こうにいるインドネシア関係者に向かってのプレゼンテーションを行ったわけですが、初めての経験でもあり、本当に貴重な経験をさせて頂いた。プレゼン内容はもちろんすべて英語で、通訳をお願いしてのプレゼンであったが、思いのほか落ち着いてこちらの伝えたいことを伝えられたのではないだろうか。

インドネシアにおいては都市部の大気汚染の主原因は自動車排気ガスであり、硫黄分の高いディーゼル油も大気汚染の原因の一つと考えられています。また、産油国であるにも関わらず、施設の老朽化、燃料消費量の増大等に伴い石油供給量も必ずしも十分とは言えない状況になっています。
石油製品価格安定の為に、政府は膨大な補助金を支出しており、この補助金が政府財政を圧迫している大きな原因となっていることから、自動車燃料に関し石油代替燃料の開発普及が望まれております。

一方、広大なパーム椰子のプランテーションがありパームオイルを自動車燃料の代替燃料とできる可能性があること、インドネシア料理は「ゴレン」と呼ばれる「揚げ物」料理が主流の一つであり、家庭を始めレストランでも大量の揚げ物油が消費されていること、この揚げ物油は使用後に台所の排水溝から捨てられ、水質汚染の原因にもなっていることから、使用済揚げ物油の有効利用が望まれています。

よってバイオディーゼルに関する関心度は高く有意義なセミナーであったと思います。
担当して頂いた株式会社PADECOの大里さん、色々ありがとうございました。

投稿者 hiroshi_aoyama : 17:42 | コメント (168)

2005年11月17日

小田全宏の記憶術セミナー(第2弾)に参加して

本日 小田先生の記憶術セミナーの後半2日目に参加してきました。

「物事の本質」をイメージすること。
 わくわくすることや楽しかった・面白かった事柄はスゥーと頭に入ってきますよね。
それを意識して応用していくことで色々な場面で活用できるのではないかと思います。

すごく本質を垣間見れた気がします。新しいことや新しい考え方をイメージしながら
これからのビジネスやまちづくりなどに取り入れていきたいと思います。


佐藤一斎 言志録

 少にして学べば
 壮にして為すことあり
 壮にして学べば
 老いて衰えず
 老いて学べば
 死して朽ちず     という三学戒 という言葉を最後に教えて頂いた。

日々勉強ですね!!

投稿者 hiroshi_aoyama : 22:02 | コメント (104)

2005年11月03日

小田全宏の記憶術セミナーに参加して

本日 彦根グランドデザインと彦根経済イノベーション会議合同のセミナーに参加してきました。当初祝日の丸1日ということで、調整がつかず参加を取りやめようかと思案していたが、尊敬する小田全宏先生のセミナーということもあり、無理して参加することにしました。
 セミナーを終え本当に参加してよかったと思いました。眼からうろこのセミナーでした。

今回のテーマは「記憶法」というものは、2千年前のギリシャ時代から伝わってきて
いるものだそうです。我々は学校や社会に出て様々なことを勉強し吸収しているが、
この「記憶法」というテーマの本質や技法を習ったことがありません。
 
 小田先生は長年、EQ(心の知能指数)に関する人間教育のセミナーを展開されてきましたが、まさに「記憶というIQに属する領域」を磨くことが、その人に「生きる自信と力」を与えることを目の当たりにし、
EQとIQが合体する教育理論体系が構築できるであろうと確信されたそうです。


技法として「記憶法」を知ることの意義
その記憶法の活用方法をいかに自身のビジネスにつなげるかに非常に関心を持つようになりました。


私をはじめ、参加されていたメンバーは、20個の物事を暗記することができました。
私は最初は半分しか覚えられませんでしたが、最後は自信を持ってパーフェクトに答えることができました。すごい自信になりました。

次回は17日です。何があっても参加できるように今からスケジュールを調整しなくてはいけません。

投稿者 hiroshi_aoyama : 19:23 | コメント (111)